注意点を理解して屋上緑化でクールダウンしよう!

なぜ屋上緑化が必要なのか

屋上緑化とは、文字通り建物の屋上部分に植物を植えて緑化しようというものですね。地価の高い都心部などでは新たに緑地公園などを設置することが困難なケースが多いため、既存構造物の屋上を有効活用して緑化スペースを設けようと考え出されたものが「屋上緑化」なのです。緑化は「地球温暖化」や生活排熱を膨大に排出している都心部などで特に問題視されている「ヒートアイランド現象」に効果的である観点から、屋上緑化は広く注目を集めています。

屋上緑化のメリットと注意点

屋上緑化最大のメリットは、「植物とその土壌層による断熱効果」が挙げられます。高い断熱効果があるため空調の稼働率を下げることができ、省エネの効果が期待できますね。また、植物が保護層としての役割を果たしてくれるため、紫外線による構造物へのダメージを緩和することができます。さらに、昼夜の温度差によっておこる熱膨張収縮によるコンクリートの亀裂を防ぐ働きもあります。そして、植物の蒸散作用によって周囲の温度をさげることができるので、地球温暖化やヒートアイランド現象の対策としても効果的です。また、ビルなどの構造物で埋め尽くされている都心部に植物の緑が入ることで、人々に「憩い・安らぎ」を与えてくれる役割も大きいですね。

このようにメリットの多い屋上緑化ですが、施工するにあたり何点か注意が必要です。まず、既存構造物は屋上の強度が弱いケースが多々あります。水を吸収した土はかなりの重量となるため、構造物にかかる負荷を考慮する必要があります。また、屋上には風を遮るものが無いので「強風対策」も必要ですね。芝など背の低い植物なら風で飛ばされる心配も少なく安心です。

屋上緑化とは、建物の屋根や屋上に、植物を植えて断熱性を高めたり景観を向上することです。植物で建物周辺を囲むことは、暑さ寒さに対する断熱材になることは昔から知られており、使用されています。